休憩

休憩とは、始業・就業までのいわば拘束された時間中に、完全に業務から解放され、自由に利用できる時間をいいます。

労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分、8時間を超える場合には少なくとも60分の休憩を、労働時間の途中に与えなければなりません。また、休憩時間の長さに上限はありません。

この休憩は労働時間中に全労働者に一斉に与えることを原則としますが、商店や飲食店、銀行などでは交替で休憩を与えることもできます。

工事現場などでは、お昼時の60分の休憩以外にも午前と午後に15分ずつの休憩を設けることも多いです。