米国公認会計士

米国公認会計士とは、企業などに対して会計・税務・経営に関するサービスを提供する、アメリカ基準会計のスペシャリストです。

米国公認会計士はCPAとも言われ、それはCertified Public Accountantの頭文字をとったものです。

公認会計士の任務は、企業が作成する財務諸表を監査して、それが妥当な会計手法で算出されているかを確認することになります。

会計監査を主な業務とする監査法人だけではなく、一般の企業の経理部門などに就職している人も多くいます。

米国公認会計士になるには、試験に合格する必要があります。

州ごとに要件は多少異なりますが、アメリカ各地で試験が開催されています。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>