休日

休日とは、労働契約上、労働の義務から解放されている日で、原則的には暦日の午前0から午後12時まで24時間、労働から解放されている日。

毎週少なくとも1回、または4週間に4日以上与えなければならないと定められています。

これはを法定休日ともいいます。

法定外休日というものあって、法定休日にプラスされた休日、例えば完全週休2日制の場合の各週1日は法定外休日です。

休日出勤しても時間外労働手当ては付きますが休日出勤手当ては加算されません。

暦日の午前0時から午後12時までのまるまる1日休めることが原則ですが、24時間営業の飲食店などで規則的な交替制勤務をとっている場合は、就業規則に定めることで継続して24時間の休憩があれば休日となります。