福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、高齢化社会に対応して、住みやすいバリアフリー住宅を提案する職業です。

高齢化社会が急速に進む日本では、その住環境も高齢者や障害者などへの対応も意識しなければならなくなりました。

新築・リフォームの際にアドバイスをするほか、バリアフリー住宅に与えられる補助金制度や優遇制度に関する情報提供を行ないます。

また、福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法をアドバイスすることも仕事の一環です。

住宅メーカーや介護関連の企業に勤務するなどして、介護や住宅に関する知識を増やし、アドバイスできる範囲を広げていく人が多いようです。

東京商工会議所が平成11年から検定試験を実施しています。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>