フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、労働者が始業・終了時刻を、ある程度自由に決める事ができる制度です。

同一の企業の中でも早朝から顧客対応をしなければいけない部署と、開発職のように人が少ない深夜に業務がはかどる部署があります。

また、育児や介護などで出社を遅らせたい、といった個人の事情もあります。

そういった個人の問題や、業務の内容に応じて最適な時間配分ができるのがフレックスタイム制度です。

フレックスタイム制度の導入は労使協定で決められます。

社内の会議などを開くためにコアタイムを設定し、その時間内の出社を義務付けるコアタイム制と、全く労働者が自由に労働時間を決められるスーパーフレックス制があります。