所定労働時間

所定労働時間とは、各事業所が労働者との間で取り決めた労働時間のことです。

例えば、9時始業、17時終業の事業所であれば、8時間の拘束となりますが、この間に1時間の休憩を取る場合は、この休憩時間を差し引いた7時間が所定労働時間となります。

労働時間の種類には、このほか所定労働時間に残業時間を加えた「実労働時間」、所定労働時間に休憩時間を加えた、または実労働時間に休憩時間を加えたものを指す「拘束時間」、そして労働基準法で定められた「法定労働時間」があります。

所定労働時間は法定労働時間を越えて決定することはできませんが、みなし労働時間制の場合は、一部その限りではありません。