ブランド

ブランド(brand)とは、元は「焼き印」という意味で、ある製造者が製品に付けた商標の意から発展して、特定の商品がもつ個性やアイデンティティーという意味になりました。

ブランドに対して消費者は信頼感やイメージを持っているので、新しい商品を投入する際にもそのブランド名を付ければ購買に結びつき易いといえます。

消費者からしてみれば選ぶ手間が省け、安心感を得ることができます。

その信頼感やイメージを「ブランド・エクイティ」といいます。

「ブランド品」といえば、イメージが確立された高級品という意味になります。

そういった商品を専門に取り扱うお店を「ブランドショップ」といいます。

ナショナルブランド(NB)とは、あるメーカーが全国で販売する商品のことで、プライベートブランド(PB)とは、ある小売業が自社の店舗専用に開発した商品のことです。