プラクティカル・トレーニング

プラクティカル・トレーニング(Practical Training)とは、専攻する学問の実地研修を目的に就労することを認める制度のことをいい、学生ビザ(F‐1ビザなど)で滞在する留学生に対するものです。

プ内容に応じて、プラクティカル・トレーニングにも、何種類かのタイプがあります。

在学中に学業の一環として行うものを、カリキュラ・プラクティカル・トレーニング(Curricular Practical Training)といい、学業の一環ではないものを、オプショナル・プラクティカル・トレーニング(Optional Practical Training)といいます。

学校を卒業した後に行うものは、ポストコンプレティション・プラクティカル・トレーニング(Post-Completion Practical Training)と呼ばれます。