プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を使いこなし、ソフトウェアを作る仕事です。

プログラマーは、現代の情報化社会で広く使われるソフトを、プログラミング言語を使って書きます。

システムエンジニアなどが考えたシステム設計書に従って、プログラムが早くかつ正確に動く仕組みを考え、実際にソースコードを作成します。

プログラミング言語は複数存在するため、それぞれの用途に合わせて使い分けています。

プログラマーになるには、特に資格などは必要ありません。

専門学校や大学などでコンピューターについて学ぶととても役立ちます。

ソフトウェア開発会社やシステムインテグレーターに就職して、プログラマーとしてのトレーニングを受けて経験を積んだのち、システムエンジニアやネットワークエンジニアなど各専門分野を深めてゆきます。

経験を積み、独立してフリーとして活躍する人もいます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>