美術鑑定士

美術鑑定士とは、美術品の芸術的価値や希少性といった価値を見抜く、値付けのプロのことで、多くは画廊や古美術商で活躍しています。

美術品には愛好者も多く、美術商を通じてさまざまな物品が取引されています。

希少な美術品には多額の値段が付けられることもあり、その価格の設定には経験とノウハウが必要となってきます。

美術鑑定士になるには、特に資格などは必要ありません。

美術品を見抜く目を長い年月をかけ育て、妥当な価格を算出する能力を身に付けることです。

画廊やオークション運営会社、古美術商などに就職して経験を積んだ後、独立する人もいます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>