ビジョン

ビジョン(vision)とは、「将来像」という意味で使われることが多く、「経営ビジョン」と使う場合、その企業が到達しようとする将来像を具体的に言葉で表現したものとして使われます。

まずは明確なビジョンを据えることで、目標や戦略が立てられ、達成につながる具体的な行動計画の作成が可能になります。

「経営ビジョン」を企業経営の主軸に据えて、それに沿った経営戦略や事業戦略などを構築する「理念主導型企業」を「ビジョナリー・カンパニー」と呼んでいます。

この件については『ビジョナリー・カンパニー』(ジェームズ・C・コリンズ著)という本に詳しく書かれています。

また、個人のキャリアの将来像のことを「キャリアビジョン」といいます。

これも経営ビジョンと同様に、個人で自らの目標などを達成するための出発点になります。

このカテゴリー経営では以下のことも知ることができます。

会社経営
TQM(ティーキューエム/トータル・クオリティー・マネジメント)
TOC(ティーオーシー/セオリー・オブ・コンストレインツ)
TOB(ティーオービー/テイク・オーバー・ビット)
R&D(アールアンドデー/リサーチ・アンド・ディベロップメント)
ROI(アールオーアイ/リターン・オン・インベストメント)
ROE(アールオーイー/リターン・オン・エクイティー)
ROA(アールオーエー/リターン・トゥ・アセット)
P/L(ピーエル/プロフィット・アンド・ロス・ステートメント)
M&A(エムアンドエー/マージャー・アンド・アクイジション)
MOT(エムオーティー/マネジメント・オブ・テクノロジー)
MBO(エムビーオー/マネジメント・バイ・アウト)
LBO(エルビーオー/レバレッジド・バイ・アウト)
IR(アイアール/インベスター・リレーション)
IPO(アイピーオー/イニシャル・パブリック・オファーリング)
IE(アイイー/インダストリアル・エンジニアリング)
HRM(エイチアールエム/ヒューマン・リソース・マネジメント)
EVA(イーブイエー/エコノミー・バリュー・アデッド)
アウトソーシング
委員会等設置会社
売上高
管理会計
カンパニー制
かんばん方式
株式公開
株式会社
会社更生法
起業
子会社
ジョイントベンチャー
自営業
商社
シネコン
シナジー
シェアードサービス
スーパーセンター
選択と集中
成果主義
創業
ABS(エービーエス/アセット・バックド・セキュリティ)
ABM(エービーエム/アクティビティー・ベースド・マネジメント)
ABC(エービーシー)分析
B/S(ビーエス/バランスシート)
BPR(ビーピーアール/ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)
CSR(シーエスアール/コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティー)
COO(シーオーオー/チーフ・オペレーティング・オフィサー)
CMS(シーエムエス/キャッシュ・マネジメント・システム)
CFO(シーエフオー/チーフ・ファイナンシャル・オフィサー)
CEO(シーイーオー/チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)
中小企業
独立
独占禁止法
倒産
内部監査
バランスシート
破産
ビジョン
プライバシーマーク
ベンチャーキャピタリスト
ベンチャー・キャピタル
ベンチャー
ボランタリーチェーン
ポスト
ミッション
持株会社
有限会社
有価証券報告書
リストラ
連結決算

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>