派遣健保

派遣健保とは、派遣社員のために作られた健康保険組合のことで、社団法人日本人材派遣業協会が設立母体となり2002年5月に設立されました。

派遣健保は、期間の短い就業や期間によって派遣先が変わっていくという就業形態が多い派遣社員に適した健康保険サービスを提供しています。

一般的な健康保険制度は、正社員の長期雇用を前提とした制度であるため、派遣社員とは状況がことなり、あまり使い勝手がいいとは言えませんでした。

保険料の負担に難色を示す中小の派遣会社は派遣社員を健康保険に加入させないこともありましたが、社会保険事務所が派遣会社を対象に健康保険に加入させるよう指導を行いました。

派遣健保は、インターネットを使った届出などといった新しいサービスに取り組んでいます。