はり師、きゅう師

はり師、きゅう師とは、中国古来の治療法を施す治療者のことです。

はり師は、金属製のはりを患部周辺のツボに打ち込んで刺激を与え、腰痛や肩凝りなどの痛みをやわらげます。

きゅう師は、モグサを患部周辺のツボの上に置いて火をつけ、その熱で腰痛などの痛みを緩和します。

どちらも中国発祥の古い歴史のある民間療法であるため、病院の医師が行なう医療行為とは異なります。

はり師、きゅう師になるには、国の指定する養成施設で3年以上の課程を修了して受験資格を得て、国家試験に合格した後、免許を得る必要があります。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>