パーマネント・レジデンス

パーマネント・レジデンスとは、「永住ビザ」を持つ永住権保持者のことをいいます。

パーマネント・レジデンスを取得すると、その国に永久的に住むことが認められます。

国によっては制度の違いは若干ありますが、出入国の制限がなくなり、就労の自由が認められることがほとんどです。

パーマネント・レジデンスを取得した場合、その国で年間半分以上過ごすことが必要とされます。

年金制度、医療保険などの行政的な見地からも、その国民と同様にみなされます。

こうした権利が認められる反面、市民としての義務が国民同様に課せられ、納税や徴兵に応じなければなりません。