パタンナー

パタンナーとは、デザイナーのイメージをカタチにおこす職業です。

アパレルメーカーが作る服は、型紙をベースに大量生産され、デザイナーが考えたイメージ画をもとに型紙におこすのがパタンナーの仕事です。

デザイナーがデザイン図をおこす段階では、どういった形の布地を使うかなどは決められていません。

パタンナーが型紙をおこして服のカタチにすることによって、イメージとのギャップや大量生産を行なうとき発生しそうな問題が認識されます。

パタンナーが作った型紙を元にして服が作られるため、最終的に決定されるまでは検討に検討が繰り返されます。

パタンナーになるには、特に資格は必要ありません。

大学や専門学校で被服を学んでいる人がアパレルメーカーなどでパタンナーとしての職に就いて実務経験を積み重ねることが多いようです。