ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、ネットワーク社会の技術者のことで、通信技術に対して詳しい知識を持ち、能力を発揮します。

さまざまな種類の端末は電話やLANを経由して相互に繋がるようになりました。

端末同士の通信が可能になったことで、これまではなかったサービスや機能が実現できるようになっています。

便利になった反面、システムはますます複雑化しており、ネットワークエンジニアには、通信技術を支える交換機・ハブ・ルーター・ケーブル類のハードウェア技術や、ソフトウェア技術のさらに深いスキルが求められています。

ネットワークで発生したトラブルに対処するだけでなく、設計や開発も担当しています。

ネットワークエンジニアになるには、特に必要な資格などはなく、ネットワークに関連した開発を行なうコンピューター会社や電話会社、ソフトウェア開発会社に就職して、技術者としての経験を積んで、ネットワークエンジニアになる人が多いようです。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>