年功序列

年功序列とは、役職や賃金が勤続年数、年齢などに応じて上がっていくという人事制度のことです。

年功序列の考え方の基盤にあるものは、日本に古くから受け継がれる年長者を尊敬するという考え方です。

もちろん年齢を重ねるごとに労働者がスキルアップしていき、発揮できる能力が高まるという考え方がありますが、必ずしもそうではない場合もあるため、労働者が実際に残した成果に対して賃金を払うべきだという成果主義が主流になりつつあります。

終身雇用制もまた、組織への長期的な忠誠心を大切にする日本特有の人事制度で、両者はその典型とされていました。