年末調整

年末調整とは、労働者の1年間の所得税額を計算し、概算で徴収している1年間の源泉徴収額との差額を清算することをいいます。

初年度は税務署への確定申告が必要ですが、2年目以降は年末調整で還付されます。

税金はあらかじめ多めに徴収されていることが多いのですが、未納分があれば徴収、過徴収分があれば還付することになります。

ほとんどのサラリーマンは、年末調整をすれば確定申告の必要がありません。

扶養家族の控除や住宅ローンにかかった金利、生命保険料・損害保険料も控除の対象となります。