入国審査官

入国審査官とは、外国から不正な入国者がいないかチェックする仕事です。

日本には飛行機や船で、多くの外国人が訪問していますが、通常は観光、仕事、留学などで問題はありません。

しかし、一部には不法な目的で日本に侵入しようとする人がいるのも事実です。

入国審査官はそういった不審人物の入国を防ぐべく、パスポートチェックや入国目的の確認を行ないます。

不正なパスポートなどが発見された場合、強制退去をさせます。

入国審査官になるには、国家公務員採用試験に合格して、法務省入国管理局に採用される必要があります。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>