乳幼児健康支援一時預かり事業

乳幼児健康支援一時預かり事業とは、病気の回復期にある児童を一時預かることによって、保護者の育児と仕事を両立させる支援をすることです。

保育所に通っている子どもが体調をくずしたり、ケガをしてしまったとき、保育所に通えるくらい元気になるまで、誰かが面倒を見る必要があります。

乳幼児健康支援一時預かり事業が行う「病児保育・病児デイケア」は、そういった場合、昼間看護できない保護者に代わって、子どもを保育、看護をするところです。

この制度を利用する場合は、別途保育料が必要になります。

保育所に入所していない子どもでも、家庭での療養が難しいなど事情がある場合には利用が可能となっています。

保護者が子どもを見れない状況でやむを得ない場合には(病気、事故、冠婚葬祭など)、利用できるとされています。