任意継続被保険者

任意継続被保険者とは、会社を辞める前に加入していた健康保険組合を、自分の意思で継続した加入者のことです。

任意継続は、会社を辞める前に2カ月以上健康保険に加入していた人に適用されます。

その場合、保険料は全額本人が負担します。

健康保険料は通常は会社と個人が折半で負担していますから、保険料は2倍になります。

退職から最大で2年間、新しく入社した会社で別の健康保険に加入するまでは継続されます。

会社を辞めたあと、国民健康保険に加入する人もいますが、任意継続と比較して安い保険料を洗濯する人が多いようです。