特定保育事業

特定保育事業とは、パートタイムなどで働く保護者が、毎日まではいかなくても家庭での保育が一時的(1カ月あたり約64時間以上)に困難である場合に、保育所入所の対象にならない子どもを、一時的に預かる制度のことをいいます。

保護者の就労形態が多様化していることを受け、午前中または午後のみ預かってほしいといった希望に応えようとするものです。

この制度は子どもが就学するまでの期間、利用することができます。