土地家屋調査士

土地家屋調査士とは、土地・建物の手続きや調査の専門家です。

多くの場合、土地や建物は大切な財産なのですが、特に土地の境界は明確に認識することは難しく、登記所に書類が残されているだけで、具体的にどこからどこまでかはわかりにくいものです。

土地や建物の売買などをするときに、それらが問題となってきます。

土地家屋調査士は、登記所に記載されている記録を元に、土地の境界線を確定させるなどして、土地や家屋の移転などの手続きを円滑に行なえるように手配したり、依頼に基づいて登記手続きなどを行うのが仕事です。

土地家屋調査士になるには、筆記試験と口述試験からなる国家試験に合格する必要があります。

その後、土地家屋調査士事務所などで実務経験を積み、中には独立開業する人もいます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>