ワークシェアリング

ワークシェアリングとは、景気低迷期など、需要が落ちることで生産量を減らさざるをえないときに、従来の雇用を維持しようとする考え方のもと、1人当たりの労働時間を減らし、仕事を分かつ方法です。1日の労働時間を短縮したり1週間の勤務日を選らす、有給休暇を増やす、1人で担当していた仕事を2人で担当するなどの方法があります。

ヨーロッパ、特にドイツなどではこの方式が利用されることが多く、また、不景気という理由ではなく恒常的な労働環境の改善策としてワークシェアリングが導入される例もあります。

例えば、育児をしながら働きたい人やボランティア活動などをしたいという人の増加を踏まえ、企業はパート労働者などを活用し全体の労働量を分散しています。

このカテゴリーネス用語では以下のことも知ることができます。

ビジネス用語
株式公開買付
IAS(アイエーエス/ インターナショナル・アカウンティング・スタンダード)
DI(ディーアイ/ディフュージョン・インデックス)
景気動向指数
TLO(ティーエルオー/テクノロジー・ライセンシング・オーガニゼーション)
SWOT(エスダブリュオーティー)分析
SPA(エスピーエー/スペシャリティー・ストア・リテーラー・オブ・プライベーター・ラベル・アパレル)
PTS(ピーティーエス/プロプリタリー・トレーディング・システム)
PPP(ピーピーピー/パブリック・プライベート・パートナーシップ)
PFI(ピーエフアイ/プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)
PER(ピーイーアール/プライス・アーニング・レシオ)
PDCA(ピーディーシーエー)サイクル
PBR(ピービーアール/プライス・ブック・バリュー・レシオ)
MMF(エムエムエフ/マネー・マネジメント・ファンド)
KJ(ケイジェイ/カワキタジロウ/川喜田二郎)法
JIT(ジェイアイティー/ジャスト・イン・タイム)
ISO(アイエスオー/インターナショナル・オーガニゼーション・フォー・スタンダーディゼーション)14001
ISO(アイエスオー/インターナショナル・オーガニゼーション・フォー・スタンダーディゼーション)
FSP(エフエスピー/フリークエント・ショッパーズ・プログラム)
ETF(イーティーエフ/エクスチェンジ・トレード・ファンズ)
DCF(ディーシーエフ/ディスカウント・キャッシュ・フロー)
4P(ヨンピー)
3PL(スリーピーエル/サード・パーティー・ロジスティクス)
アライアンス
アフィリエイト
悪徳商法
アイコンタクト
インサイダー取引
インキュベーター
エンパワーメント
エンジェル
外食産業
格付け
会社四季報
キャリアアンカー
キャリア
グループウェア
サンプリング
サラリーマン
サイドビジネス
再生ファンド
サービサー
辞表
証券仲介業
セル生産方式
BSI(ビーエスアイ/ビジネス・サーベイ・インデックス)
BRICs(ブリックス)
B2C(ビートゥーシー)
B2B(ビートゥービー)
CS(シーエス/カスタマー・サティスファクション)
CRM(シーアールエム/カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)
ディスクロージャー
データマイニング
トレーサビリティー
ヒューマンスキル
プロダクト
プレゼンテーション
ペイオフ
ヘッドハンター
ホウレンソウ
モチベーション
リスクマネジメント
ロジカルシンキング
ワークシェアリング
ワンストップサービス

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>