土木施工管理技士

土木施工管理技士とは、道路・橋・トンネルなどの施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行う技術者のことです。

土木工事の多くは大規模なものであり、多くの作業員と費用が投入されます。

混乱しがちな現場を指揮し、工期が正確に進んでいくよう、全体を調整するのが仕事です。

現場は土砂崩れなどの事故の発生する危険も多いため、安全面の配慮も欠かせません。

また下請け業者を含め、円滑にコミュニケーションが行われるよう心がけ、無駄なく作業を進めてゆく管理能力が問われます。

土木施工管理技術者になるには、建設業で経験を積み、土木施工管理技士の資格を取得します。

そしてそのほとんどが、工業高校や専門学校、大学工学部(土木科・建築科)などで学び、技師として建設業者に入社しています。