定年

定年とは、企業や組織によって違いはありますが、一定の年齢に達した際に組織を退職させる年齢のことをいいます。

定年はそれぞれの就業規則で定められ、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」では、60歳以下に定めてはならないとされています。

雇用保険などでは、会社都合での退職という扱いになります。

定年は一般的には60歳、長くても65歳に設定されていることが多いのですが、これは日本人の平均寿命が今より短かった頃に決められたものです。

60歳を迎えても、仕事をする能力、体力は十分あるとして、定年制度を撤廃する企業も増えています。