労災保険

労災保険とは、労働者が業務上の災害や通勤途中で事故にあった場合、本人やその家族に対して、必要な保険給付を行なう制度のことで、正式には「労働者災害補償保険」といいます。

具体的には、所定労働時間内に事業所および事業所外において業務中に起こった負傷、疾病、障害、死亡が対象とされるほか、住居と事業所を合理的な経路と方法で往復している最中に起こった負傷、疾病、障害、死亡に対しても保険給付が行なわれています。

労災保険料は全額を事業所が負担することになっていて、加入する事業所ごとに個々の事業に対する災害率の高低に則した保険料率または保険料額が設定され、被保険者に給付される保険金額は給与総額の0.55%から13.0%の範囲で30等級に分かれています。