低年齢児保育

低年齢児保育とは、乳児保育と呼ばれていたもののことで、0〜2歳児を対象とした保育のことをいいます。

共働き、女性の社会進出に伴い、仕事をしながらの育児を望む人が増えてきました。

行政はこういった要望に応えるため、1995年度から「産休・育休明け入所予約モデル事業」、「低年齢児保育促進事業」をスタートさせました。

産休・育休明け入所予約モデル事業…産後休暇明けの保育所への入所を促進させるため、保育年度後半においても入所枠を確保した保育所に行政が助成すること

低年齢児保育促進事業…低年齢保育に取り組む保育所に、人件費や設備投資に対する補助を行うこと

少子化が深刻な問題として取り上げられる今、こういった制度を申請して設備投資を行う保育所が多いことは、少子化改善の一策になりそうです。