労働安全衛生法

労働安全衛生法とは、労働災害を未然に防ぐための法律。

労働者の作業安全と作業環境の保全、健康の確保を目的とし、罰則が定められている条項もあります。

この法律では、労働者の安全衛生確保は事業者にその責任があると明確にされており、安全管理者・衛生管理者の設置などを義務付け、労働安全衛生法は、事業者は危険防止のために具体的な策を講じるよう要求。

これを怠っていた結果、労働災害で死傷者が出た場合、「業務上過失致傷罪」に問われることもあります。

また、労働災害により労働者が死亡・負傷したり、労働災害により病を患い休業した場合には、その事実の労働基準監督署への報告が義務づけられ、報告を怠ったり、虚偽報告を行うことを「労災かくし」といい、書類送検の対象です。

健康診断の実施も労働安全衛生法に定められている項目の1つです。