電気工事士

電気工事士とは、建築物にコンセント用や照明器具用・設備機器用の電気配線を行う人です。

具体的には、建築図面に基づき配電盤から張り巡らされる配線図を作成し、必要な資材やコストを見積り、現場で円滑な作業ができるよう人員の配置や、作業手順を考え、安全を確保し、作業の管理・監督します。

作業現場、特に新築工事では、ほかの領域の工事業者や職人および技師も業務を行なっているので、それらと調整しながら、間違いのない作業を迅速に行なわなければなりません。

電気工事士になるには、電気工事会社に入社し、実務経験を積みます。

その後、電気工事士の資格(第1種・第2種)を取得しましょう。

人脈を開拓して、独立開業する人もいます。