通訳ガイド

通訳ガイドとは、日本を訪れる外国人観光客に対して、通訳しながら観光地を案内する人です。

語学・会話能力に長けていることはもちろん、日本の文化、観光地の歴史、地理情報などの知識が求められます。

異なる文化を持つ人たちと、上手にコミュニケーションをとり、国際交流に通じる社交性も大事です。

通訳ガイドになるには、通訳案内業試験に合格し、都道府県知事の免許を取得する必要があります。

ただし、合格率は5%程度と狭き門。

個人で開業することもできますが、旅行会社に登録して仕事を請けるのが一般的です。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>