通訳者

通訳者とは、異なる言語を使う人たちの間に入って、双方がコミュニケーショできるよう言葉を訳し、伝える人です。

翻訳と違い、話言葉をその場で訳すため、どんな人の発音でも理解し、正確・スピーディーに対応しなければなりません。

通訳者になるには、外国語の会話能力が重要であることはもちろん、専門的な語彙力が大切。

例えば、ビジネスシーンでは様々な専門用語が飛び交うからです。

また、会議などでは、同時通訳の能力が求められ、言語による言葉の組み立ての違いを修正しながら訳していくスキルが必要です。

通訳者の事務所に所属したり、派遣会社に登録して仕事を得ます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>