労働基準法

労働基準法とは、憲法に基づき、労働者が生存権を守り人として生活を営むために必要な労働条件の最低基準を定めた法律。

事業者が労働基準法を下回る基準で労働者を働かせた場合は、罰則が設けられ、これは法によって最低限のルールを定めないと、労働者が酷使されてしまうという考え方に立っています。

労基法とも呼ばれ、1947年に施行されました。

労働基準法では、労働条件を文書などで明示することや雇用期間、労働時間、休憩、休日、賃金、割増賃金の計算方法など具体的な労働に関する基本的なルールが定められています。

これにより、社会的雇用秩序が実現され、労働者は安心して働き、企業や社会に貢献できるといえます。