退職

退職とは、仕事をやめることです。勤める会社の就業規則に定められた申出期限までに退職届を提出し、それが受理されてはじめて退職が認められます。

一般的に、退職日の1カ月前に退職届を提出することが就業規則に定められていますが、民法上は退職の2週間前に退職の意思を伝えればよいとされています。

自らの意思で会社をやめるのは依願退職、使用者の一方的な意思による労働契約の解除は解雇、損害を与えるなどして解雇される際は懲戒解雇です。

また、会社がリストラを行なう際に退職を勧めるのが退職勧奨 で、無条件に或いはある一定の条件を備えた労働者に対して退職金の上乗せや割増賃金を支払うなどの制度を設け、退職希望者を募る制度が早期退職優遇制度です。

退職という言葉は一般の従業員の場合に使われ、役員以上の人間が職をやめる場合は辞職といいます。