退職金

退職金とは、会社を退職する際に支給されるお金のことをいい、従業員の帰属意識やモチベーションを高めるインセンティブの一種です。

会社が任意に定めている制度で詳細は会社の退職金規程などに記してあります。

退職金制度のない会社、廃止した会社もあります。

一定の勤続年数(会社による)を超えた社員が対象となり、在籍年数が長いほど金額が加算率はあがり定年で満額。

当然、途中で自己都合で退職すると支給額は少なくなります。

日本の会社制度として古くから存在しますが、近年は年功的な退職金制度は少なくなり、成果に応じて退職金を決める制度や入社当初から給与にその分を上乗せして支給する制度もあります。