ソフトウェア開発技術者

ソフトウェア開発技術者とは、プログラミング言語で、様々な命令を実行するためのプログラムを組んで、コンピューターが理解できる言葉に変換する人。

パソコン、携帯電話、家電製品などのあらゆる機械を組込ソフトウェアが制御しており、パソコンのOS、ワープロ・表計算、ブラウザ・メールソフトなどのアプリケーションソフトが私たちのビジネスを支えてくれています。

ソフトウェア開発技術者になるには、専門学校や大学でプログラミングの技術を学び、コンピューターメーカーやソフトハウスに就職して、プログラマーからソフトウェア開発技術者を目指します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>