労働三権

労働三権とは、団結権・団体交渉権・団体行動権の3つのことをいい、日本国憲法第28条で保障する労働者の基本的権利のことをいいます。

具体的には、まず団結権は、労働者が組合などをつくり団結し活動する権利、規約をつくり行動する権利、組合が事業者や政府の介入を受けない権利、組合が連合体や国際的労働組合組織を結成・加入する権利のこと。

団体交渉権は、組合が労働者の利益に関するすべて問題について事業者と交渉する権利、事業者を団体交渉に応じさせる権利。

そして団体行動権は争議権と組合活動件を含むもので、労働組合がストライキなどを行なうことを事業者に認めさせる権利のことなどをいいます。

会社に比べて弱い立場にある労働者の権利を守り交渉力を高めることが目的とされていますが、労働組合のない企業も多数ありますし、複数の組合が存在する企業もあります。