造園施工管理技士

造園施工管理技士とは、和洋問わず様々な庭造りを行う人です。

顧客と打合せをしながら造園計画・施工計画を作成し、植木職人や石工に指示を与え、管理・監督。

つまり、設計者と現場監督の両面を担うわけです。

造園施工管理技士になるには、建築会社や造園会社で実務経験を積めば受験資格が得られます。

ただ、高校・短大・大学で土壌肥料・花き園芸・病虫害防除・農薬などを学んだり、設計・測量・土木・建築などの専門課程を修めてから就職するケースが増えています。