精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、精神障害の治療のために入院した患者の社会復帰を支援する人です。

医師や作業療法士と意見交換し、患者の状況を逐次観察しながら、自立の方向性を見つけていきます。

その家族との協力は欠かせませんし、患者との接し方などを指導し、困難な状況でも励まし、サポートすることが必要です。

精神保健福祉士になるには、国家試験に合格しなければなりません。

受験資格は、国が指定する科目を大学や短大で取得して卒業した者、もしくは養成施設を卒業した者に与えられます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>