選択と集中

選択と集中とは、事業部門や商品を絞り込み、それを集中的に強化することで競争力を高め、全体の収益アップを図る経営戦略のことです。

アメリカのGE社がこの手法を積極的に行い、業績を高めたことで広まりました。

同社は、市場で2番以内に入れない事業は市場から撤退したり売却をしたのです。

日本もバブル崩壊後に選択と集中に踏み切る企業がたくさんありましたが、バブル期の多角化ブームによる経営効率の悪化が原因であり、単に本業回帰でしかないケースが多いようです。

このカテゴリー経営では以下のことも知ることができます。

会社経営
TQM(ティーキューエム/トータル・クオリティー・マネジメント)
TOC(ティーオーシー/セオリー・オブ・コンストレインツ)
TOB(ティーオービー/テイク・オーバー・ビット)
R&D(アールアンドデー/リサーチ・アンド・ディベロップメント)
ROI(アールオーアイ/リターン・オン・インベストメント)
ROE(アールオーイー/リターン・オン・エクイティー)
ROA(アールオーエー/リターン・トゥ・アセット)
P/L(ピーエル/プロフィット・アンド・ロス・ステートメント)
M&A(エムアンドエー/マージャー・アンド・アクイジション)
MOT(エムオーティー/マネジメント・オブ・テクノロジー)
MBO(エムビーオー/マネジメント・バイ・アウト)
LBO(エルビーオー/レバレッジド・バイ・アウト)
IR(アイアール/インベスター・リレーション)
IPO(アイピーオー/イニシャル・パブリック・オファーリング)
IE(アイイー/インダストリアル・エンジニアリング)
HRM(エイチアールエム/ヒューマン・リソース・マネジメント)
EVA(イーブイエー/エコノミー・バリュー・アデッド)
アウトソーシング
委員会等設置会社
売上高
管理会計
カンパニー制
かんばん方式
株式公開
株式会社
会社更生法
起業
子会社
ジョイントベンチャー
自営業
商社
シネコン
シナジー
シェアードサービス
スーパーセンター
選択と集中
成果主義
創業
ABS(エービーエス/アセット・バックド・セキュリティ)
ABM(エービーエム/アクティビティー・ベースド・マネジメント)
ABC(エービーシー)分析
B/S(ビーエス/バランスシート)
BPR(ビーピーアール/ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)
CSR(シーエスアール/コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティー)
COO(シーオーオー/チーフ・オペレーティング・オフィサー)
CMS(シーエムエス/キャッシュ・マネジメント・システム)
CFO(シーエフオー/チーフ・ファイナンシャル・オフィサー)
CEO(シーイーオー/チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)
中小企業
独立
独占禁止法
倒産
内部監査
バランスシート
破産
ビジョン
プライバシーマーク
ベンチャーキャピタリスト
ベンチャー・キャピタル
ベンチャー
ボランタリーチェーン
ポスト
ミッション
持株会社
有限会社
有価証券報告書
リストラ
連結決算

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>