ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは、物事を整理して考え、その結論を筋道を立てて分かり易く説明する能力のことをいいます。

論理的にまとめて伝える技術ともいえます。

ロジカルシンキングの能力が備わっていれば、話を聞く側はその理解が容易になり、話す側が伝えたいことを誤解する恐れもなくなります。

ビジネスの現場では、コミュニケーションがすべての成否を決めるといっても過言ではなく、意思決定の連続。

スピーディーにスムーズに分かりやすく物事を伝えていくことが必須となり、ロジカルシンキングは非常に大切です

So What? 、MECE(ミーシー)「モレなく、ダブりなく」やロジックツリーなどの手法があり、これらを使うことで成果は大きく変わるとされます。

このカテゴリーネス用語では以下のことも知ることができます。

ビジネス用語
株式公開買付
IAS(アイエーエス/ インターナショナル・アカウンティング・スタンダード)
DI(ディーアイ/ディフュージョン・インデックス)
景気動向指数
TLO(ティーエルオー/テクノロジー・ライセンシング・オーガニゼーション)
SWOT(エスダブリュオーティー)分析
SPA(エスピーエー/スペシャリティー・ストア・リテーラー・オブ・プライベーター・ラベル・アパレル)
PTS(ピーティーエス/プロプリタリー・トレーディング・システム)
PPP(ピーピーピー/パブリック・プライベート・パートナーシップ)
PFI(ピーエフアイ/プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)
PER(ピーイーアール/プライス・アーニング・レシオ)
PDCA(ピーディーシーエー)サイクル
PBR(ピービーアール/プライス・ブック・バリュー・レシオ)
MMF(エムエムエフ/マネー・マネジメント・ファンド)
KJ(ケイジェイ/カワキタジロウ/川喜田二郎)法
JIT(ジェイアイティー/ジャスト・イン・タイム)
ISO(アイエスオー/インターナショナル・オーガニゼーション・フォー・スタンダーディゼーション)14001
ISO(アイエスオー/インターナショナル・オーガニゼーション・フォー・スタンダーディゼーション)
FSP(エフエスピー/フリークエント・ショッパーズ・プログラム)
ETF(イーティーエフ/エクスチェンジ・トレード・ファンズ)
DCF(ディーシーエフ/ディスカウント・キャッシュ・フロー)
4P(ヨンピー)
3PL(スリーピーエル/サード・パーティー・ロジスティクス)
アライアンス
アフィリエイト
悪徳商法
アイコンタクト
インサイダー取引
インキュベーター
エンパワーメント
エンジェル
外食産業
格付け
会社四季報
キャリアアンカー
キャリア
グループウェア
サンプリング
サラリーマン
サイドビジネス
再生ファンド
サービサー
辞表
証券仲介業
セル生産方式
BSI(ビーエスアイ/ビジネス・サーベイ・インデックス)
BRICs(ブリックス)
B2C(ビートゥーシー)
B2B(ビートゥービー)
CS(シーエス/カスタマー・サティスファクション)
CRM(シーアールエム/カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)
ディスクロージャー
データマイニング
トレーサビリティー
ヒューマンスキル
プロダクト
プレゼンテーション
ペイオフ
ヘッドハンター
ホウレンソウ
モチベーション
リスクマネジメント
ロジカルシンキング
ワークシェアリング
ワンストップサービス

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>