スポーツライター

スポーツライターとは、スポーツを専門にその醍醐味を文章で伝える人です。

スポーツの試合の詳細や結果を記事にすることは新聞記者もやることで、スポーツライターの仕事ではありません。

スポーツの感動はもちろんのこと、苦悩・挫折や努力・復活といったドラマ、分析や批評、提言などスポーツにまつわる様々なことをテーマに書きます。

試合の観戦取材、監督・コーチ・選手などの関係者への取材、会見での取材、1人の選手やチームに密着することもあれば、地域社会のスポーツへの取り組みなどをテーマにすることも。

海外で行われる大会への長期取材などは国々の文化とスポーツのかかわりを掘り下げたりもします。

スポーツに対する興味と好奇心、愛情がなければ勤まりません。

スポーツライターになるためには、雑誌社のスポーツ誌部門にやスポーツ専門誌の出版社に入社します。

あるいは、そのような雑誌に作品を持ち込んだり、コンテストに応募するとよいでしょう。

得意分野を持つことが不可欠なので、一人前になるには長い年数を要しますが、ファンとしてスポーツを見つめてきた多くの月日があるならば、それは大いに有利。

経験を積めば、フリーのスポーツライターとして独立することもできます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>