シェフ

シェフは、料理店で料理を作る人です。

欧州を中心に発展した西洋料理の調理専門家で、伝統を踏襲することも大切ですが、つぎつぎに新しい技法・素材を取り入れ、オリジナリティーある料理を生み出していきます。

もちろん、どんな料理人の役割も同じようなものです。

シェフになるためには、料理専門学校で学びます。日本の有名シェフや外国の有名シェフが講師をつとめたり、外国の有名レストランと提携していて、卒業後は修行させてもらえるなどといった特典を用意する学校もありますから、有効に使えばチャンスは広がります。レストランなどに見習いからはじめるのも良いでしょう。

掃除・皿洗い、材料の下ごしらえなどで修行を積み、デザート係、前菜係りなどと徐々にうえの役割を任されるように修行します。

シェフとしての地位を築いてゆくのです。

シェフはシェフ帽とよばれる一番長い帽子をかぶることができます。

評価を得ることができれば、フリーのシェフとし活躍することもできます。