歯科医師

歯科医師とは、歯・歯茎の病気を治療する医師です。

虫歯、歯周病にかかる人は非常に多く、噛むという本能的で欠かせない行為に影響のある部位であり、また審美的にも重要なものであるため、そのような患者の悩み・ストレスを解消をすることも歯科医の役割。

対処的に治療をするだけでなく、将来的なことも考えた治療計画の策定が必要です。

近年では噛み合わせ悪さが身体の異常を引き起こすことが確認され、歯科医の治療、技術、知識の範囲は広まっています。

歯科医師になるには、大学の歯学部を卒業し、国家試験に合格することが必要。

臨床研修をが課せら、大学病院や歯科医院で経験を重ねます。

将来は独立開業を目指す人が多いです。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>