みなし労働時間制

みなし労働時間制とは、実際の労働時間の長短にかかわらす、一定時間の労働したとみなす制度。

職種または業務上、正確な労働時間を確定することが難しい職種または業務について認められます。

営業職などの事業所外で労働するため、労働時間が把握しづらい仕事、デザイナーなど業務の性質上その遂行の方法を労働者の裁量にゆだねる必要があると思われる19種類の業務、企業の運営や企画に携わる職種に適用ができます。

みなし労働時間の決定は適正なものでなくてはいけません。会社が一方的に決めるのではなく、実際にはどれぐらいの時間がかかるのかという目安や平均を、労使でよく話し合いをして、みなし労働時間を決める必要があります 。