社会福祉士

社会福祉士とは、専門知識と技術を駆使し、身体上・精神上の障害や環境上の理由で日常生活を営むことが困難な人の福祉に関する相談に応じ、アドバイス・指導などの援助を行う専門家です。

例えば、医療分野では、入院や高度医療によって医療費の支払いができなくなったり、病状や病気の種類によっては仕事を続けられなくなる場合があります。

社会福祉士は、そういった人に適切な助言を行い、社会福祉制度ほか公的制度の利用を手助けします。

社会福祉士の活動領域は医療にとどまらず、介護や生活保護、児童福祉など多岐にわたり、多くは専門の領域を決めて活動します。

社会福祉士になるためには、国家試験に合格することが必要。

受験資格は細かく分けられています。

例えば、福祉系の4年制大学を国が指定する科目を履修して卒業した人、一般の4年制大学卒業後、養成機関を修了した人など。

試験に合格した後、医療機関や保健所、福祉事務所、児童相談所、養護老人ホームなどに就職します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>