社会保険労務士

社会保険労務士は、労務・人事制度の専門家です。

事業の拡大、組織改革、社会情勢や社会問題、労働環境の変化、労働者の志向やライフスタイルの変化、様々な要因から企業の労務・人事制度も随時変えていく必要があります。

一律の人事・労務管理では対応できるものではありません。

就業規則の改変、年俸制や職能給の導入など賃金体系の変更、能率を上げるための勤務体系・労働時間の見直しなどが求められます。

社会保険労務士は、専門的知識を用い、このような問題について適切なアドバイスを行い、変革を進めます。

社会保険労務士になるには、国家試験に合格した後、2年以上の実務経験もしくは指定講習を受講して、全国社会保険労務士連合会に登録された後、企業の人事部や社会保険労務士事務所で活躍します。

独立も可能です。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>