出産手当金

出産手当金とは、健康保険の被保険者が、出産のために仕事を休んでいる期間の所得が得られないことに対しての保障です。

日給相当額の6割が産前の42日間(多胎の場合は98日間)、産後の56日間を上限に日数分支給されます。

申請は会社や社会保険事務所で専用の請求用紙をもらって記入し提出。

出産病院の署名が必要です。

産休開始から2年以内に申請しなければ、2年を超えた日数分が差し引かれていきます。

社会保険および公務員の共済組合に加入している人のみが対象で、専業主婦や国民健康保険のみの加入者には受給資格がありません。