手話通訳士

手話通訳士とは、耳が不自由な方や会話が不自由な方と一般の人の間に立って、手話の「通訳」になり、コミュニケーションをサポートする人です。

健常者と障害者の交流を促進するために不可欠な仕事。最近ではテレビ番組でも手話を使い、ニュースや番組の内容を放送していますが、そういった場面にも手話通訳士が活躍しています。

手話通訳士になるには、特に資格などは必要ありません。

多くは大学や専門学校で福祉や手話を学び、福祉施設などに就職します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>