小学校教員

小学校教員とは、義務教育の最初の6年間、6〜11歳の児童を教育する先生です。

基礎的な学習と共同生活や社会のルールを教え、人格形成を行います。

小学校では、1人の教師がすべての教科を教えるため、苦手科目があってはいけません。

ただ、専門性よりも学習の楽しさを教えたり、興味を喚起する手腕が重要。

団体行動や協力・協調・責任感などの発現を目的とした様々な学校行事の取り仕切りも教員の仕事です。

小学校教員になるには、大学の教育学部や教員養成課程で単位を取り、免状を取得しなければなりません。

公立小学校の場合は地方自治体の採用試験に合格して本採用を待ちます。

私立小学校の場合は学校独自に行なわれる採用試験で選ばれます。